忍者ブログ

兵どもが夢の跡

芝居したり武道やったり踊ったり勉強したり。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

08/24/17:51  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11/15/16:05  茶室麟閣

福島県の指定重要文化財だそうです。

概要は↓会津若松観光公社より。

豊臣秀吉の奥州仕置きによって天正18年(1590)蒲生氏郷が会津に入り(42万石のち92万石)、近世的支配を確立していきました。
 氏郷は織田信長の娘婿であり、器がおおきく勇猛な武将であるうえ、この時代を代表する文化人で、特に茶道に親しみ、のち利休七哲の筆頭にあげられるほどでした。

 天正19年(1591)2月28日、千利休が秀吉の怒りに触れて死を命じられ、千家が茶の湯の世界から追放された折り、氏郷は利休の茶道が途絶えるのを惜しんでその子、少庵を会津にかくまい、徳川家康とともに千家復興を秀吉に働きかけました。
  その結果、文禄3年(1594)と推定される「少庵召出状」が出されたのです。
 小庵は京都に帰って千家を再興し、千家茶道は一子、宗旦(そうたん)に引き継がれました。

 そののち宗左、宗室、宗守の3人の孫によって表、裏、武者小路の3千家が興され、今日の茶道隆盛の基が築かれました。 かくまわれている間、氏郷のために造ったと伝えられているのが「麟閣」であり、以来、鶴ヶ城(若松城)内で大切に使用されてきました。

 しかし、戊辰戦争で会津藩が敗れ、明治初年、鶴ヶ城が取り壊される際、石州流会津怡渓派の森川善兵衛(指月庵宗久)は貴重な茶室の失われるのを惜しみ、明治5年(1872)5月、自宅へ移築し、以来百二十年にわたり、森川家はその保全に努めてこられました。
 会津若松市では平成2年9月12日、市制90年を記念してこの氏郷少庵ゆかりの茶室を後世へ伝えるため、鶴ヶ城内の元の場所へ移築いたしました


てっきり茶室と待合室、水屋くらいしかないだろうと思ったら結構広くてお庭も綺麗でした。
茶室から見えるお城がまたいい感じです。

詳しい事は後回しで写真を撮りまくり。
DSCF0886.JPGDSCF0887.JPG







DSCF0894.JPGDSCF0900.JPG







中々渋い茶室なのではないでしょうか?
お城から離れた別世界の空間という感じで城詰めに疲れたらここでぼんやりとしてたのかしら~?などと思ったり。絶対ないと思いますがね(笑)

何故かうっかり中でお抹茶とお菓子を頂くのを忘れ外の茶屋で甘酒を飲むワタクシ(笑)
結構歩き回って疲れたので取り敢えずホテルにチェックイン!

拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL