忍者ブログ

兵どもが夢の跡

芝居したり武道やったり踊ったり勉強したり。
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06/27/09:13  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05/16/23:47  我が魂は輝く水なり

行ってきました!
面白かったです(=^▽^=)もう1回観たいかも。
通路側で役者さんの立ち位置ポイント席でした!
鎧ですよ鎧!衣装はちゃんとしてましたよ。蜷川だから時代考証無視したものになるかな~と思ってたので。
カリギュラもちゃんとしてましたもんね。

時代は平安末期の源平合戦。

主役は平家の斉藤実盛(野村萬斎)。
かつては幼少の木曽義仲を助け、親しい間柄だったが今は敵として戦にあけくれる日々。
ある日木曽に下り、死んだ息子五郎(尾上菊之助)が亡霊となって父の前に現れる。
そして息子六郎もまた木曽軍に下るが、六郎がそこで見たのは狂気にとり憑かれた木曽軍だった。

何故彼らは狂気にとり憑かれたのか、果たして「正気」の人間はいるのか?

なんか難しかったです。謎も分からなかった(私だけ?)
非常に文学的というかシェイクスピアを観ているようでした。
蜷川だからか…。

先週の「残心」と少し被る部分もありましたね。「毒」ですよ「毒」

役者さんは素敵でした(*^_^*) 

久々の野村萬斎は老齢な役で一見「誰?」って感じでしたが声の使い分けや殺陣の時の身体能力は流石です。

息子役の尾上菊之助さんは初めて拝見しましたが、最初女性かと思いました。白と朱と金の衣装でしたので。
オーガンジーの薄衣の下には鎧!
所作がいちいち幽霊っぽい!
美しい幽霊でした。

実盛とのシーンは漫才だし。絶妙な掛け合いでした。

あとは殿!平惟盛(糸へんだったかも)(長谷川博巳)。
背が高くて細いので鎧が似合わない!
丈が短いのが着なれてない感満載。

すげーおかしかった。
頭は切れるけどトボケた感じが「殿~!」なのです。
この話の中で清涼剤的存在でした。

惜しむべくはラスト!
いつ実盛が死んだか分かりにくいのと「父上ー」と嘆く五郎きっかけの暗転が早い!
勿体無い。

古典芸能の方々の所作は美しいです。

今度尾上さん観に歌舞伎に行こうかしら。


拍手[0回]

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL